2017年10月07日(土)定例勉強会&懇親会 in 東京・京橋
end

2017年10月07日(土)定例勉強会&懇親会 in 東京・京橋

  • 開催日時:2017年10月07日(土)13:30-16:55
  • 場所:JR・東武・東京メトロ・京橋駅近辺
  • 定員:50人

皆様、大変お待たせしました。
2017年10月07日(土)定例勉強会&懇親会 in 東京・池袋の受付を開始します。

スケジュール

13:10 受付開始

13:30 – 13:45 事前説明

13:45 – 15:15 学習コーナー1
【学習コーナーの内容】
ロバートキヨサキ氏のノウハウを英語で学び、同時に英語をマスターする方法

【講師】
小熊弥生
純国産同時通訳者、バイリンガルMC、英語セミナー講師。

15:15 – 16:25 休憩

15:25 – 15:35 パートナー会員からの告知

15:35 – 16:35 情報交換

16:35 – 16:45 告知、アンケート記入・回収 後片付け、退出

16:55 – 17:00 勉強会終了・移動

17:00 – 19:30 予定【懇親会】
詳細は当日参加者にお伝えします。

講師のご紹介

小熊弥生
純国産同時通訳者、バイリンガルMC、英語セミナー講師。
http://www.ogumayayoi.com/

1971年生まれ。1991年実践女子短期大学国文科卒業、2004年早稲田大学社会科学部卒業。

短大卒業後に通訳者を目指すも、英語力は英検4級、TOEIC280点と“平均以下”からスタートを切る。独自の勉強法を駆使し、半年後にTOEIC805点を取得して大手英会話学校講師に。その後、TOEIC950点、英検1級、通訳検定2級を取得し、短大卒業から3年半で通訳者デビューを果たす。

現在はフリーの同時通訳者として、主にビジネスシーンを中心に活躍し、数百億円規模の商談に多数関わっている。環境問題、人権問題、核兵器問題、IT、アパレル等の幅広い分野で臨機応変に対応し、顧客からの指名依頼も多い。アンソニー・ロビンズ氏(世界的ベストセラー作家)やホルスト L.シュテルマー氏(ノーベル物理学賞受賞者)の来日講演、F1ドライバーのヤルノ・トゥルーリー氏の取材、アメリカ最大のプロレス団体WWEの来日記者会見、タグ・ホイヤー150周年記念記者会見、有名企業のCEO来日記念取材など、数々のイベントでも通訳をつとめる。

2010年7月からは『世界衝撃映像社』(フジテレビ)へのレギュラー出演を果たし、“バラエティーもできる通訳”として新たな領域を切り開いている。自身の経験をベースにした「英語モチベーションアップセミナー」では一人ひとりの目的に合った効果的な学習プログラム作りを指南。英語学習への意欲を引き出す講演が好評を得ている。

著書に『TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルール』(幻冬舎)、『英語が面白くてとまらなくなる感動のマスターマップ勉強法』(中経出版)がある。

●小熊弥生のミッション

私のミッションは、日本のみなさんが英語を使いこなせるようになるための情報を発信し、「日本人の英語ペラペラ化」に貢献することです。

このようにお話すると、「みんなが英語を話せるようになると、通訳者の仕事がなくなるのでは?」と言われることがあります。しかし、カナダのように2カ国語が公用語となっている国でも、活躍している同時通訳者はたくさんいます。人間の口が物理的に一つである限り、通訳者の仕事はなくならないと私は思っています。むしろ日本人がもっと英語を使って情報発信できれば、同時通訳する機会となる国際会議の開催がもっと増えるのではないかと考えているのです。

そのような心配をするより、多くの日本人がちょっとした電話会議や研修、役員会議などで英語による意思疎通ができるようになることのほうが重要です。「日本人の英語ペラペラ化」が実現すれば、日本企業はもっと迅速な海外展開が可能になるでしょう。

私が通訳を担当させていただいたことのある、ガー・レイノルズ氏はこうおっしゃっていました。「先日中国に行った時、中国の人々は、通訳を使わず自分たちで英語を話し交渉していることに誇りを持っていると感じた」。私は、日本人も自分たちで雑談やプレゼン、交渉などを英語でできるようになればと願っています。

私自身は、留学経験がないまま、国内で英語学習法や国際的なコミュニケーション法を培ってきました。これらの方法を一人でも多くの皆様にお伝えし、日本経済を活性化する一助になりたいと思います。

私のもう一つのミッションは、女性支援です。

私は両親の離婚をきっかけに、「手に職」を持って自立して生きて行くことを意識するようになりました。このような自分の経験から、私と同じように、女性として自立して生きていきたい方たちを応援していきたいと思っています。

会費について

定例勉強会&懇親会 9000円
定例勉強会のみ 4000円

▼2017年10月07日(土)定例勉強会&懇親会 申し込み

下記から項目入力と参加費の決済をお願いします。(クレジット決済のみ)
入力フォームが別画面で開きます。フォーム入力とカード決済(Paypal決済)が全て完了すれば、受講票ダウンロードURL記載のメールが届きます。Paypalからの決済確認メールも届きますので確認ください。
確認メールが届かない場合はPaypalにログインして決済状況を確認されてください。

【申込み注意点】

一般参加は2回まで可能です。3回目以降は会員になる必要があります。会員特典は「こちら
会員の方は参加費が優遇されています。必ず「会員マイページ」より申込み下さい。

※クレジットカード決済はPAYPALというシステムを使用しております。
PAYPALは世界で1億人以上の方が使っている大変信頼性の高い決済システムです。

【定例勉強会キャンセル規定】
申込み後に参加できなくなった時は早めに連絡をお願いします。時期により返金額が変わりますので注意下さい。
全てPaypal口座への返金になります。
・開催日2週間前まで 全額返金
・開催日4日前まで 1000円差し引き返金
・開催日前日午前中まで 半額返金
・開催日前日午後以降、および連絡なし 返金なし

※定例ミーティング&懇親会の参加票は決済終了後、送信されるメールの中にあります。「迷惑メールフォルダ」も含め確認下さい。